2017年11月26日日曜日

2017年11月芋煮会(BVS)

本日の活動は「芋煮会」

山形県米沢市出身のK副長が
昨年の活動で、
本場山形の芋煮を振るまって
いただいたことから定番化したものです。

山形芋煮は仙台芋煮の味噌味で豚肉という
豚汁的なものではなく

醤油ベースに牛肉という芋煮です。


 

今年はボーイスカウトの体験参加を
呼び掛けたのと
 
カブ隊の活動がなく
暇カブもたくさん参加してくれたので
70名を超える人数。

巨大な鍋を用意して
K副長の戦いが始まります。




朝礼後、4つのチームに分けて
芋煮の締めでいただく
うどん作りに挑戦です。

ビーバー隊の子供はカブ隊と違い
幼いので包丁を上手に使うことはできません。

得意なのは、
混ぜる、こねるなどの単純な作業。

 


普段、お手伝いをしないような子供たちが
この時ばかりは我先にと
うどん作りに参加します。

最後は足でうどんを踏んで
30分ほど寝かします。




その間、空気砲にチャレンジ。

段ボール箱を組み立てて丸い穴を開けます。


 


その中に煙玉を入れて
段ボール箱をバンバン叩けば
丸いわっかの煙が出てくるというもの。

単純ですが、子供たちは大喜び。

用意した100個の煙玉が
あっという間に無くなってしまいました。



うどんもいい感じになってきましたので
親の補助の元、うどんを切ります。

 
 
 


芋煮も最高の状態に仕上がっています。

みんなお腹ペコペコで
芋煮をいただきます。


 

 




これが本当に美味しい。

おかわり自由なので
大人も子供も何度もおかわりします。

最後は〆のうどん。

子供たちが作ったので
細かったり太かったりとしていますが
田舎うどん風でこれまた美味しい。


 
 

あれだけあった芋煮もすっかりなくなり
みんな大満足です。

食後に先ほど空気砲で作った
段ボールを使用してゲームを行います。

リレーを行いながら段ボールを
何個積み上げられるかというもの。


 
暇カブも真剣そのもの。

副長の判定に猛抗議をしておりますが
いくつになっても可愛いものです。
 


最後はデザートの焼きマシュマロを
みんなでいただき
 




今日の活動はおしまい。

体験の子供達や暇カブの子供達も
たくさん来てくれて
とても楽しい活動でした。



次回の活動は

12月3日(日)

「歳末募金」

新百合ヶ丘周辺で募金活動を行います。




以前の活動はこちら
http://kawasaki43bvs.blogspot.jp/2016/12/201612bvs.html


体験参加や詳しい内容につきましては
恐れ入りますが下記までお問い合わせください。

電話 090-2533-0290 (白石)


ビーバー隊のお兄さんお姉さん
カブ隊の活動はこちら












 

0 件のコメント:

コメントを投稿