2015年1月25日日曜日

2015年1月 こどもの国で追跡ハイク(BVS)

本日の活動は

こどもの国で追跡ハイクです。



追跡ハイクと言ってもスカウトの半数は
年中が中心のベビ隊ですので
難しいことはできません。

なんちゃって追跡ハイク

で、要はこどもの国の遊具で遊びまくる
という、とても楽しい企画です。

鶴川駅に集合してバスでこどもの国に
向かいます。

こどもの国に入場してすぐに

風車作りのブース

がありましたので
全員で立ち寄り風車を作ってみました。


指導員からレクチャーを受けながら

自分で風車を作ります。


これが大変好評で子供たちは活動が
終わるまでずっと手から
離しませんでした。

その後は早速、遊具のある場所で

放牧タイム。



ひとしきり遊んだところで
いよいよ追跡ハイクの始まり

2チームに分けて、

わざと?

適当に書いた「指令書」なるものを
子供たちに見せ


指令所に書かれている場所に
地図を見ながら向かいます。

最初の指令書はこんな感じ


分かっているんだか何だか
分かりませんが

チームで話し合い目的地に向かいます。


指令書の正解はこちら



迷路です。ここでも少し遊び

次のお題は


正解はこちら


滑り台です。

最後のお題は

ボーイスカウトは必ず
立ち寄らなければならない

無名戦士の像

これはボーイスカウトにちなんだ像で
O副長が銅像の由来を
スカウトに話します。

とても分かりやすい説明でしたが
スカウトは残念ながら

ちんぷんかんぷんの様子。


みんな追跡ハイクをがんばったので

うまい棒のサプライズ


その後、みんなでおにぎりだけの
ビーバー弁をいただき

食べ終わるとすぐに遊具で遊びます。


目的地に向かう道すがらも



とにかく遊ぶ。ひたすら遊びます。

そしてみんな大好きふわふわドームで

またしても

放牧タイム


みんな汗だくで飛んだり跳ねたりして
最後のお楽しみ

ソフトクリーム

の時間です。好きなアイスをみんなで
仲良く食べます。


真冬のこの時期ですが、
子供達には全く関係ありません。

とても美味しそうに食べていました。

食べ終わったところで、
本日の活動は終了。

今日はこれでもかというくらい
遊具でたくさん遊びました。

みんな楽しんでくれたのでは
ないでしょうか。


















2015年1月18日日曜日

2015年1月 正月遊び(BVS)

本日の活動は黒川野外活動センターで

「正月遊び」

私たちが子供の頃にやっていた遊びを
今の子供達にも経験させよう。

というこの企画

ダルマ落とし

おはじき

けん玉


ビー玉


羽子板

コマ

の6種類の遊びを3つのグループに
分かれて個人戦で点数を
競い合います。


この6つの遊びですが、
驚いたことに、ほとんどの子供が

初めて経験する遊びのようです。

なかなか上手にできませんが
子供なりに楽しんでいます。

昼食をはさんで午後は

「坊主めくり」に挑戦です。

この手の単純なゲームは
子供の心を熱くさせるようです。

どのグループも異様な盛り上がりを
見せております。

最後に点数の高い上位5人を表彰し

賞品のアメをプレゼント。


今日も子供たちはいっぱい遊びました。

初めてビーバー隊に参加する
体験の子供が2名いましたが

楽しんでいただけたのではないでしょうか。


次回の活動は

【活動名】追跡ハイク
【活動概要】ハイク、遊具等を使用した遊び等
【活動月日】0125日(日)
【活動場所】こどもの国
【集合】0910分 鶴川駅
【解散】1440分頃 こどもの国
【持物】水筒、ビーバー弁(おにぎりだけのお弁当)、敷物

 体験参加や詳しい内容につきましては
恐れ入りますが、下記まで
お問い合わせください。








2015年1月16日金曜日

2015年1月 スキーキャンプin菅平(BVS)

毎年、お正月の1月2日~5日は

長野県の菅平高原で
3泊4日のスキーキャンプ。
 
朝の6時30分に麻生区役所に集合し
スキー場に向かいます。

 
 ロッジで昼食もそこそこに、
昼過ぎからはもうスキー開始。

初心者は5級からのスタートですが
ビーバー隊のほかにもカブ隊、
ボーイ隊の子供たちを含めると、
 
5級だけで10名以上になりますので
2班に分かれて指導を受けます。
 
初めてスキーをする子供は

スキーを履くだけで大変。
当然、歩くのも大変。
まして滑るのはもっと大変です。

 
  
初日はリフトに乗ることなく、
ひたすら自分で登って滑る
ということを繰り返します。
 
 
 
なんとなく滑れそうな気が
してきたことでしょう。
 
ビーバー隊のスキーキャンプは

楽しいことばかり。

1日目の夜はジェンガとUNO
で盛り上がります。
 

合間に翌日のカラオケ大会の練習です。
 

2日目
 
スキーキャンプの朝礼はとにかく過酷。
 
なんせ、制服での朝礼の為、
零下10度以上の中、なぜか半ソデ。


 
風でも吹こうものなら、
気を失いそうなほどの寒さです。
 
が・・・・・
 
ビーバー隊はへっちゃら。

なぜならスキーウェアでの参加が
許されているので

ぬくぬくで朝礼参加です。
 
 
今日からは
もうリフトにも乗っちゃいます。
 
おっかなびっくりですが、
下までちゃんと滑れました。
 



ちなみに昨年からスキーを始めた
4級の子供たちは

 
そして2日目の夜は毎年恒例の
 
大カラオケ大会。
 
各隊、各組に分かれて
審査員による厳正なる審査のもと
競い合いますが、

とにかく盛り上がります。
 

ビーバー隊の「森のくまさん」を歌い
特別賞を受賞。
 
大勢の前で上手に歌えました。


 
3日目
 
今日はいよいよバッチテストの日。
 
ビーバー隊4名のうち、2名は5級。
残りの2名は4級のテストです。
 
午後の検定にそなえてスキーの上達を
はかりますが、

だいぶ怖さがなくなったのか
スピードも出てきました。
 



そしていよいよ検定です。
5級の子供たちの様子です。

 
ビーバー隊、カブ隊、ボーイ隊で
5級と4級の検定を受けた子供たちは
 
めでたく全員合格。
 
3級以上になりますと、
かなり難易度が増すので
なかなか合格には至りません。

合格しなかった子供たちには
来年頑張ってもらいましょう。

夜は合否の発表と
手品大会が開かれましたが、

間近で見る手品にみんな興味津々。

 


 
最終日

朝礼の後、
ビーバー隊で記念撮影。
 

この日は各隊、各組に分かれて
菅平高原の頂上
 
ダボスを目指します。
 
4日目ともなると初心者だった
5級の子供たちも

かなりの急斜面を滑ることができます。
 
リフトを何本も乗り継いで
ダボスに向かいますが

4日目ともなると本当に
スキーが上手になりました。

頂上で川崎43団全員で記念撮影です。

 

4日間という長い期間でしたが
大きなけが人や病人もなく

無事スキーキャンプを
終了することができました。

ビーバー隊の子供たちも
すごく楽しめたようですし、

この4日間ですごく成長した
ように感じます。